<< 竹笹堂 | main | 京都焼菓子工房しおん(1) >>
かわいい表札屋さん *BEES CRAFT*

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - *

竹笹堂

〜京都の木版画をおとりよせ〜



インテリアにも木版画。趣味にも木版画。
最高の材料と技術で歴史と高級感を伝えます。

とりよせるなら京都の京扇子 取り寄せるなら京都の京うちわ
取寄せるなら京都の京提灯 おとりよせなら京都の京和傘 とりよせるなら京都の京版画
【京扇子 京うちわ 京提灯 京和傘 京版画】
専門的に優れた技術を持った老舗同士が
京の歴史と共に培われた工芸品をコラボレーション。


京都のおとりよせなら葛飾北斎木版画
【江戸浮世絵 北斎】
葛飾北斎の『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』。
江戸時代、大衆の娯楽絵画として爆発的な人気を集めた
浮世絵木版画。その歴史を脈々と受け継いできた
現代の彫師・摺師が一枚ずつ手作りで仕上げています。


取り寄せるなら京都の浮世絵役者絵木版画
【浮世絵役者絵木版画 豊国】
通常、伝統技術を持つ職人が細かな彫刻を施し後世に継承する場合
桜の版木が使われるのですが、これは合板の版木に挑戦しています。
プロの目から見て美しい作品として仕上げるには合板では100枚が限界。
今回制作された「豊国之図」は「最初で最後の作品」であり、
100人だけがその出来栄えを手にすることができます。


おとりよせなら京都の現代木版画
【青三条[額装]】
竹笹堂五代目・竹中健司氏の木版画。
京都三条大橋の一瞬の青色の時。空の青、鴨川の青、建物の青。
今までの木版画のイメージから一変した鮮やかな色づかい。
「ぽってり」と摺る京版画特有の技術と美しいグラデーションが
余すところなくつまった逸品です。

▲ほんまもんの京都“おとりよせ”どうどす? TOPページへ▲
sakyou * 匠の技・アート * 23:56 * comments(0) *

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:56 * - *

コメント

コメントする









このページの先頭へ